【キャッシュレス・消費者還元】クレジットカードでお支払いのお客様に5%還元中

木桶仕込みを100年先に。

手間もコストもかかる木桶仕込み。それでも使い続けているのは木桶でしか作れない味があるから。木桶仕込みの味が失われていく中で100年先までこの味を残していくため、わたしたちは2019年2月に創業以来初めて新桶を購入しました。

縮小する木桶の市場

和食文化を支える発酵調味料はかつて大きな木桶を使って製造されていましたが、近年では工業化の流れとともに木桶や木桶仕込みの調味料の市場は縮小。かつてあった「酒蔵で使われた木桶が味噌・醤油屋に」という循環もなくなり、今ある古い木桶は50年後にはすべて使えなくなるといわれています。


木桶職人復活プロジェクト

小豆島で木桶仕込みの醤油をつくるヤマロク醤油の社長、山本康夫さんは2009年に新桶を発注した際に「醤油屋からの注文は戦後初」といわれたそう。子や孫の世代にも木桶仕込みの味を残したいと考えていた山本さんは木桶作りの技術を残すために日本で唯一醸造用の木桶が製造できる桶屋に地元の大工さんを連れて自ら弟子入り。そこから木桶職人復活プロジェクトを立ち上げ、毎年1月に木桶の製造を行っています。
木桶職人復活プロジェクトのWebサイトはこちら

創業以来初の新桶導入

当社でこれまで使用してきた木桶はすべて中古で酒蔵・醤油蔵から購入したものばかり。これからも木桶仕込みでの味噌・醤油の醸造を続けていくには新しい桶が必要でした。
2018年にクラウドファンディングで資金を集め、木桶職人復活プロジェクトに新桶を1本発注。2019年1月22、23日には木桶作りが行われる小豆島を訪ねました。そこでわたしたちを迎えて下さったのは山本社長を初めヤマロク醤油のみなさんの他、地元の大工さん、職人醤油の高橋万太郎さん、全国の醤油・日本酒の醸造元の方々や木桶や発酵文化の存続に関心のある方々。大勢の方々がこのプロジェクトに賛同し毎年この木桶作りに参加しに全国から集結します。わたしたちも先輩方に教わりながら桶作りに参加しました。


寒い環境での重労働ですが訪れた誰もが熱心に、またお祭りのような楽しさをもって作業に参加していました。

小豆島から岐阜へ

2019年2月22日、山川醸造に初めての新桶を迎え入れ、お披露目会を開催しました。この日は平日だったにも関わらず多くの方々にお立会いいただきました。
お披露目会では地元長良天神神社の禰宜玉岡様による新桶清祓い安全祈願祭を執り行い、その後三代目社長の山川晃生による木桶の底板裏へ墨入れをしました。
おそらくこの木桶が使えなくなる頃、私たちは誰も生きていなません。そう思うとこれまで綺麗で初々しさも感じていたこの桶が、このお披露目会を通し100年以上先まで木桶仕込みを伝え続けてくれるとても頼もしく感じました。この桶に恥じないたまり醤油作りをわたしたちもしていかなければいけません。100年先の人にも求められるような製品づくりができるようこれからも邁進して参ります。



初仕込み

初仕込みまでの準備も緊張の連続です。麹造りはもちろん、新桶を蔵の中に設置することも、たまりの仕込みに必要なえんとつ(当社での通称)や蛇口などの仕掛けを取り付けたり。
新桶の導入は初めてのことなので、初仕込みを経験した社員は誰もいません。新桶で作った場合、味や香りにどんな変化が起きるのか。木が新しいと桶に水分を吸われてしまうので、出来上がりがどれくらいの量になるのか。サイズも現在使用している一番小さい桶より一回り小さいため、使用する麹の量や塩水の量など、とにかくわからないことばかり、未知の世界です。
ヤマロク醤油の山本社長に「菌をなじませるために仕込みをする前に刷毛で醤油を塗っておくといい。」と教わっていたので、仕込みの3日前に仕込むものと同じ銘柄の醤油を桶の内側一面に塗りました。こうしたこと一つ一つの積み重ねも次の世代に伝えていきたい、いかなければと思います。



そして3月8日、新桶に初仕込みを行いました。このわたしたちにとって歴史的な瞬間を見届けてもらおうとこの日は見学会を開催し、初めて仕込みの現場に一般の方にお立会いいただきました。
いつも以上に思いの籠った豆麹はとてもいい出来具合。桶に入れると蔵の中一面にもくもくと麹菌が舞います。見学の方々も、舞い上がる麹菌の煙の凄さにびっくり!近くにいると防塵マスクを付けていても喉に違和感を感じる程でした。これだけいい麹なら2年間安心して熟成を見届けられると、みな一安心です。麹は約1500kgが入りました。中の仕掛けの都合で想定より少し少ない量でした。


お立会いいただいたみなさま。初めてみる光景や体験に興味津々、真剣な眼差しで出麹を見守っています。


もくもくと立ち上がる麹菌。前が見えません。


麹の上に隙間なく重石を敷き詰めます。ここに塩水を足して仕込みは終了。

麹は岐阜県産丸大豆のみ。
塩水は清流長良川の伏流水を使用しました。

2年後、どんなお醤油ができあがるかだれもわかりません。日々の変化にわくわくする毎日がこれから続きそうです。

トラブル

5月の温かくなってきたころ、新桶の様子に大きな変化が現れました。裏側に回ってみると見ると新桶の側板の隙間からじわじわと漏れが発生。 桶上部のもろみが入っていない部分だけではなく、中央や底の近くからも染み出て、色の濃い部分では塩の結晶も見えます。

原因や対策がわからず木桶職人復活プロジェクトの発足人でもある地元の大工・坂口直人さんに写真を送って相談をしました。

原因の一つは桶が乾燥したこと。中に液体が入っている状態でも、日光が当たったり蔵の中が乾燥した状態だと古い桶よりも新桶は敏感に反応してしまうそうです。「木桶は生きものですね。」と坂口さんは仰います。

これまで古い桶を鉄の箍(たが)で絞めて修繕しながら使っていたため、古いものの方がもろくて漏れやすく新しいものの方が頑丈だと当然のように思い込んでいましたが、坂口さんに相談をして、それが誤解だったことに初めて気が付きました。

ヤマロク醤油さんでの対策を教えていただき、木桶の上部に濡れタオルをのせたり、窓にプラスチックの板をかけ、桶の裏側の壁には熱が伝わりにくいように木材を立てかけて乾燥の対策をとりました。道具ではなく赤子だと思ってやさしく接していかなければならないなと感じた出来事でした。

閑話

2019年の夏は38度を超える日も少なく、比較的穏やかな夏でした。毎年猛暑を迎えると桶の中の水分がたくさん蒸発してしまいますが、今年は少し減りが少ないような気もします。新桶にとっても比較的やさしい夏だったのではないでしょうか。

夏〜秋は一年でも最も見学の多い時期。夏休み期間中に開催する親子見学会や自治体・小学校の遠足などでも多くのお客さまに工場まで足を運んでいただきました。工場内の説明の中では現在木桶製造の技術が失われる危機にあることや木桶職人復活プロジェクトの活動なども紹介させていただいております。説明のあと新桶の前では息をのんで見つめる人や、愛おしそうに撫でて下さる方も。感想は人それぞれですが、大人も子ども関係なくこの新しい木桶に思いを寄せてくださっています。